【萬工舎】 甲州ワイン樽から生まれた木箸(男箸)

¥2,160.00

Category:

Description

■送料・発送について

送料 送料負担なし(送料は既に販売価格に含まれています)
代引対応
ギフトラッピング ×
発送までの日数 通常、ご注文後速やかに発送させていただきますが、もし在庫を切らしていた場合、少々お日にちをいただくことになります

萬工舎の甲州ワイン樽から生まれた木箸(男箸)

「面白いを形に」を大事にしている萬工舎の木箸。

この箸、ただの木箸ではありません。なんと、箸となる前は甲州ワイン樽でした。長年にわたってワインを熟成させ、樽としての寿命がきて廃棄されるはずの予定が、今度は箸としての人生を歩みだすことになりました。箸一つにしても、こんなにも面白いエピソードがあるのです。
ワイン樽の木材はオーク材が使用されており、箸として加工するには最適の素材。木の繊維が真っ直ぐ通っていて頑丈で、水気にも強く腐りにくく、重量も軽い。長年に渡ってお使いいただけます。
また、先端は木材の中に含まれるタンニンが、食材の中にある鉄分と反応することで起きる変色を防ぐため、漆の加工を施しています。そのおかげでツートンカラーになってとってもユニークな仕上がりに。
「甲州ワイン木箸」は全て手鉋(かんな)で調整しながら削ってあります。ですから左右を寄せると元から箸先までがピタっと合います。これは使いやすい箸の必須条件です。

箸であっても木の質感を大切にするために、厚塗りの塗装はしません。「甲州ワイン木箸」は全体に柿渋を施した後、食品で変色しやすい箸先を漆で保護し、持ち手部分を蜜蝋ワックスで仕上げてあります。
手に馴染み、使いやすい八角形に削ってあります。

「道具は手入れをしながら使い込む事で、美しく姿を変えていきます。」
生活に馴染んで日々の生活に潤いを感じてもらえるような物を作っていきたいと思いを込めて作られた一品。

萬工舎について
山梨県を活動の拠点とし、ワイン樽を材料とした箸や、ワインのボトルストッパーなど、ワインの産地ならではの作品を手掛ける飯野稔さんの工房「萬工舎」。ただ使用するだけの既製品とは違い、ユーモラスな形状や、材質自体が特徴的で、使う楽しみを感じることができる。
サイズ 長さ: 23cm
素材 オーク
仕上げ 漆、柿渋、自家製の蜜蝋ワックス仕上げ
製造国 日本
作り手 萬工舎(飯野稔)

【お取り扱いについて】
・漆と蜜蝋ワックスで仕上げてありますが、日常の取り扱いはそれほど気を使うことはありません。ただし塗り箸ではありませんので浸け置き洗いや食洗器のご使用は避けてください。箸を使った後は汚れた箸先だけを洗って、乾いた布巾で水気を取って自然乾燥をしてください。
そうすることで使っているうちに自然なツヤが出て手に馴染み、永く愛着を持って使っていただけるようになります。もし使っているうちにツヤが無くなるようでしたらたまに蜜蝋ワックスか、ご家庭にあるオリーブオイルを少量持ち手部分に刷り込んでいただいて、乾布で磨き上げればもと通りのツヤがよみがえります。