【勝村顕飛】 青海波紋飯碗

¥5,700.00

Category:

Description

■送料・発送について

送料 送料負担なし(送料は既に販売価格に含まれています)
代引対応 ×
ギフトラッピング ×
発送までの日数 こちらの品物は受注より制作、納品となります。通常、お支払い確認より2~3ヵ月の納期をいただいております。注文状況によって多少前後いたします。ご理解のほど宜しくお願いいたします

勝村顕飛の青海波紋飯碗

陶芸家の勝村顕飛による、線象嵌(せんぞうがん)技法を用いて制作された、磁器の器。
高台が高く設計されていることで、非常に持ちやすく、手にしたときの所作も綺麗になります。

伝統模様の青海波を力強く表現しています。触り心地もなめらかで気持ちよく、透明感のある色合いは、磁器本来の質感を楽しむことができます。いつものご飯の味がさらに美味しく感じますよ。
線象嵌とは、表面を刻み、溝に金属等を埋め込むことで、より印象的な文様を表現する金工技法です。この技術を応用し、顔料をのせてゆくことで、独特の風合いが生まれます。
勝村顕飛について
線象嵌の技法を用いた、伝統的な古典柄や、幾何学模様のデザインが特徴のひとつ。成形→線象嵌→本焼きという流れで作成し、釉薬を使用しない。そのため、透き通るような磁器本来の美しい白を楽しむことができる。
サイズ 口径: 約12cm
高さ: 約6.5cm
製造国 日本
作り手 勝村顕飛

【お取り扱いについて】
直火やオーブンでの使用はお避けください。
電子レンジは使用できます。
金属製より木製のスプーンなどをお勧めいたします。

磁器の焼き〆作品は使用したまま放置したり、長期使用で表面に色が付着することがありますが、気になるようでしたら食べ物の汚れは漂白や、メラニンスポンジ、(←これは便利)
それ以外はクレンザーで大抵の色は取れます。吸水性はない素材です、中にしみることはありません。

食洗機OK、基本的には丈夫で使いやすい器です。繰り返しご使用いただくと手になじみ滑らかになってきます。 その質感、手触りをお楽しみくださいませ。