見て楽しい、食べておいしい

日本の飴細工は、一種の大道芸と言われるように、エンターテイメント要素があります。屋台で飴細工を見かけると、飴細工師の技に魅せられてみんな足を止めてしまう。子どもたちは大はしゃぎ。見て楽しんだ後は、食べて楽しむ。飴細工にはみんなを幸せにする力があるのです。

世界へ羽ばたく、日本の飴細工

日本の飴細工は、海外からの評価も非常に高いです。飴細工を特集したYoutube動画からも、その高い関心がうかがえます。また日本人独特の感性である”和”を基調にしたものや、”アニメ”を表現したものは、とくに人気のようです。

進化を続ける日本の飴細工

日本には昔から多くの飴菓子が存在しています。千歳飴、金太郎飴、わた飴、りんご飴など。これらは日本独特の雰囲気があり、どこか懐かしく感じます。そこで気がつくのは、懐かしいと感じることはあっても、決して古くないということ。日本の飴細工が今も昔と変わらず愛され続けているのは、その時代に合わせて形を変化することができるから、なのかもしれません。

飴細工師 山口奈保美

テレビで見た飴細工に感銘を受け、独学で飴細工師となった山口奈保美氏。まだ駆け出しで、これからの活躍が楽しみな若手作家。
「今の子どもたちに、飴細工の面白さや素晴らしさを伝えたい」と山口氏は語る。子どもたちに囲まれながら、今日も奮闘中。

 

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss