OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライター:荒川剛

職人インタビュー

学生時代の同期と共に、革製品のユニセックスブランド「KUGIRI」を立ち上げ、ネット販売や出展を中心に活動しているデザイナー、藤本純一さん。東京都渋谷区を拠点に革、生地の買い出しからデザイン、裁断、縫製すべてを手掛けています。そんな藤本さんのモノづくりへの思いを聞かせていただきました。

 

ーーレザークラフトを始められたきっかけを教えてください

元々なにかを作ることが大好きで、モノづくりをしたいという思いがありました。絵は下手でしたが、小さいころから図工は得意な方でした。そういった影響もあり、クリエイティブに活躍できるようになりたいと考え、東京モード学園へ進学、卒業後は服の生地問屋で2年間仕事をしていました。

生地問屋を退職後は都内のレザークラフト工房で下積みとして製作の”いろは”を学びました。最初は失敗も多かったですが、その中から学ぶことも多く、作り手として今につながる良い経験となりました。
そして、革を本気で仕事としたいと思うようになり、周りからの勧めや、自分自身でいろんな情報を集めた結果、レザークラフトの学校へ通いはじめました。そこでは革かばんの作り方や製図の引き方など、基本的な技術を先生から教わりつつも、腕を上げるために独学でも励み、多くのことを習得しました。
そして、モード学園時代の同期と一緒に「KUGIRI」というブランドを立ち上げました。

 

ーー独立して一人でやっていく中で、大変な思いや苦労はされましたでしょうか

KUGIRIを立ち上げた当初は、そもそもKUGIRIというブランド自体を認知している人はごくわずかでしたが、ひとりひとりのお客様を大切に、オーダーメイドで販売していきました。ひとつの作品をつくるために、多くの体力と時間を費やしますから、効率はとても悪いんです。
それでも、ひとりひとりのお客様を大切にしてきたからこそ、KUGIRIのファンが生まれ、リピーターとなってくれている。こうしたお客様に支えられてKUGIRIは成り立っているのだと思います。
“継続は力なり”と言いますが、途中で諦めてしまえば結果は生まれません。コツコツと続けていくことが大切だと思っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーー作品を作る上でのコンセプトを教えてください

その革が持っている質感や雰囲気を活かし、 革が生きるようなデザインを提案しています。またシンプルでいて、少し変化のある作品づくりを心がけていますね。もちろん機能性も忘れていません。
オリジナルのデザイン、自分だけの物を持ちたい、流行る前に手にしたいという欲求は、お洒落で意識が高い人なら持っているものだと思います。そんな人達へ向けて、自分の商品を提案できるようになれたらと常々考えています。
そのため、普段から歩きながらでも、いろいろなところにヒントを探しているんです。時にはウィンドウショッピングからヒントを得ることもあります。常に流行にはアンテナを張っていますね。

 

ーーKUGIRIというブランドを成長させていくために、今後どのような戦略をお考えでしょうか

何より自分が無名であるという自覚を持たなくてはなりません。有名ブランドなら、一定のお客様が向こうからやってきてくれるでしょうが、自分の場合はそうはいきません。
可能な限り自分が店頭にたって、自分で商品について説明するようにしています。するとだんだん魅力を理解してくださる方が増えてくる。SNSなども有効な手段だと考えています。フェイスブックを通して日々の活動をアピールしながら、お客さんに関心を持ってもらえるような仕掛けをつくり続けなくてはならないと感じています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーー購入される方には、作品のどのような部分を見てほしい、感じてほしいとお考えでしょうか

それもたくさんあります。色、デザイン、機能性…。それらを実際に触れて確かめてほしいと思います。作ったものはすべて自分で使ってみてテストをしています。デザインと機能性、どちらも自信を持っておすすめできますので、使っていただければご納得いただけるかと思います。

 

ーーKUGIRIというブランド名に込められた思いを教えてください

区切りという言葉には色々な意味が込められていると思います。新しい出発の区切り、なにかが終わる区切り、道の途中の区切り…。自分の場合はレザークラフトが人生の区切りでもありました。この気持ちをいつまでも持ち続けられるよう、作品たちに「KUGIRI」という名前をつけました。

 

ーー職人Timesをご覧の皆様へ、メッセージをお願いします

これから10、20年後、おじいちゃんおばあちゃんもいなくなった後、デザイナーという肩書きが通用しない時代が来ると予見しています。そのとき何が生き残るか、それはデザイナー兼作り手だと考えます。今、ハンドメイド作家が増えていますし、自分自身もっと力をつけて、この業界を盛り上げていきたい。ネットだけじゃなく、催事やイベントにも積極的に参加していきますので、ぜひ遊びにきてください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藤本純一 -FUJIMOTO JUNICHI-

1984年生まれ、東京モード学園卒業、生地卸問屋入社。退社後、足立区の工房で革細工作家としての下積み時代を経験し、その後、アトリエフォルマーレでレザークラフトを学ぶ。学生時代の同期と共にユニセックスブランド「KUGIRI」を立ち上げ、革、生地の仕入れ、デザイン、裁断、縫製すべて手掛けている

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss