ラーメン、焼きそば、カレーなど、日本では全国各地でご当地グルメなる料理があります。

今回はそんなご当地グルメの中でも、ハンバーガーに焦点を当てたいと思います。
ハンバーガーはもともと海外から伝わった料理ですが、伝来から時を経た今では、日本全国で進化を遂げ、ご当地バーガーとして町おこしにも一役買っているほどです。

それでは、おすすめ絶品ご当地ハンバーガー8つをご紹介していきます。

 

おすすめご当地バーガー

 

佐世保バーガー

長崎県の佐世保バーガーといえば、ご当地バーガーの代表格ではないでしょうか。
佐世保に行った際には、是非とも食べてみたい一品です。

では、みなさん佐世保バーガーにはどんなイメージを持っていますか?
10人に聞いたら、ばらばらの答えが返ってくると思います。

実は佐世保バーガーに決まったレシピは存在しません。
佐世保市内で手作りで提供されるハンバーガーは、全て佐世保バーガーとして扱われます。

ですが、必ず注文が来てから作り始めますし、それぞれの店主がこだわりのバーガーを考案していますので、どの店で食べても美味しくいただけます。

中でも老舗店舗として有名なのは「ハンバーガーショップ ヒカリ」。
ベーコン、チーズ、卵に野菜とお肉、特製ソースで味付けされたハンバーガーは最高です。

 

とばーがー

ネーミングセンスが秀逸な「とばーがー」。
三重県鳥羽(とば)市のご当地料理だから、とばーがーという名前なのです。

とばーがーは、必ず地元食材を具材にチョイスしなければいけないルールです。
鳥羽市は海産物豊かな土地柄ですので、ハンバーガーの具材も自然に海鮮系がメインになります。
ファーストフード店では、海老バーガーやフィッシュバーガーを注文するという人にはぴったり。

「たこかつバーガー」「伊勢えびコロッケバーガー」「絶品あわびステーキバーガー」。いずれも「とばーがー」として認定を受けた料理ですが、どれも美味しそうです。

 

別海ジャンボホタテバーガー

2008年に誕生した、北海道野付郡別海町のご当地バーガーです。
一風変わったハンバーガーで、公式サイトでは「驚きと旨みがギュッと凝縮遊び心満載の新メニュー」と紹介されています。

特徴としては、2Lサイズのジャンボホタテを、春巻きの皮で包んで揚げ、モッツァレラチーズ、レタス、タマネギをマリネにしたものを具材とします。

提供される時はバラバラの状態で出てくるため、自分で組み立てる必要がありますが、楽しんで食事をすることが出来る、非常に素敵な仕組みです。

そしてもう一つ、忘れてはならないルールが存在します。
名産の別海ジャンボ牛乳と、フライドポテト、各店オリジナルのサイドメニュー、別海ジャンボホタテバーガーの4点セットで召し上がらなければなりません。
別海ジャンボ牛乳は500mlで提供され、冷やしたジョッキグラスで飲むのが定番です。

 

さぬきうどんバーガー

さすがは「うどん県」とも呼ばれる香川県です。
ついにハンバーガーの中にも、うどんを入れてしまいました。
しかし、和のうどんと洋のハンバーガーのコラボレーションは話題を呼び、土日祝の限定販売ながら、1年11ヵ月には3万個を完売するほどに人気となりました。

香川県と徳島県の中間に位置する「津田の松原サービスエリア」でしか販売されていません。お立ち寄りの際には是非食べてみましょう。

 

喜多方ラーメンバーガー

うどんの次はラーメンです。もはやなんでもありです。

喜多方市といえば、日本三大ラーメンにも数えられる喜多方ラーメンが有名です。
喜多方ラーメンについては、こちらをご覧ください。
これを食べなければ帰れない!外国人も唸る日本三大ラーメンをご紹介

そのご当地名物のラーメンを、ハンバーガーに挟んだ喜多方ラーメンバーガー。
道の駅「喜多の郷」内にある、ふるさと亭にて食べることが可能です。
その他、喜多方ラーメンピザや喜多方カルボラーメンなどのユニークな料理を頂けます。

 

ヨコスカネイビーバーガー

神奈川県横須賀市は、アメリカ軍の基地があることでも有名。そこで生まれたのがこの「ヨコスカネイビーバーガー」です。

最大の特徴は、本場アメリカの味を体験できること。
なんでもこのハンバーガー、アメリカ海軍司令官より横須賀市長へ提供されたレシピを基にして、各店がアレンジを加えて出しているのだとか。
そのレシピは、アメリカ海軍の軍隊食として提供されていたものというから、本場の味ということにも納得です。

とてもシンプルな味付けで、牛肉本来の旨みを味わうことが出来ます。
横須賀市のご当地カレー、よこすか海軍カレーも併せて食べましょう。

 

おきつねバーガー

愛知県豊川市で食べられる「おきつねバーガー」は、バンズにパンを使用していません。なんと、バンズには焼いた油揚げを使用しています。
豊川市にある、豊川稲荷のきつね様にあやかって開発された商品です。

様々なテレビ番組にも取り上げられ、徐々に知名度が上がってきています。

その味自体も満足のいくもので、サクサクとした食感を楽しみながら、お手軽に食べることが出来ます。
普通のハンバーガーには飽き飽きしてきたという方はどうぞ!

豊川市のB級グルメとしては、他にも豊川いなり寿司が有名です。

 

仙台バーガー

仙台バーガーはご当地バーガーの中でもイチオシです。
仙台バーガーは仙台牛を具材にしたハンバーガーなのですが、この仙台牛がすごいんです。

仙台牛とは、牛肉としての最高ランクである、等級「5」に格付けされた肉のみにしか与えられない和牛ブランド名です。等級「5」のみの肉を一つのブランド名でくくるのは、日本で唯一仙台牛だけなんです。

和牛については、こちらの記事をご参考ください。
「とろける旨さに舌鼓!日本各地の特選和牛8つをご紹介」

そんな最高級和牛をお手頃な価格で味わえるのが、仙台バーガーです。
王道のバーガースタイルで、溢れ出す肉汁がたまりません。

100%仙台牛肉を使った店や、品質の劣る仙台黒毛和牛を使用しているお店もあるので、購入する前に店主に確認するとよいでしょう。
※仙台黒毛和牛を使用していても、仙台バーガーと称することは認められています。

 

まとめ

日本各地のご当地ハンバーガーはいかがでしたでしょうか。
ちょっぴりお腹が空いてきませんか。

全国津々浦々、日本に伝わったハンバーガーは独自の進化をしているんですね。
今回ご紹介した以外にも、皆さんの街のおすすめご当地バーガーがあれば教えてください。

今日はハンバーガーを食べたいと思います。
それでは、また!

 

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss