シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚姫の像、ブリュッセルの小便小僧。これらは世界三大がっかり名所といわれています。
がっかりとされる理由は、イメージ写真や宣伝文句以上に、実際にその場所に行ってみるとしょぼかったというものです。

そんながっかり名所は日本にも存在します。しかし、がっかり名所といわれていても、どこかには魅力があるはず!
というわけで、今回は日本の三大がっかり名所の魅力についてご紹介していきたいと思います。

がっかりの理由

札幌市のシンボルともなっている時計台。 大抵のパンフレットにもその姿は載っていますし、写真だけを見れば、素敵な時計台だなぁと思います。

しかし、がっかりの理由はその景観にあるという。
周りはオフィスビルに囲まれ、その中にぽつんと場違い的な感じで時計台があります。
時計台を訪れた観光客は、周辺景色とのギャップにがっかりするそうです。

 

夜のライトアップが素敵

そんな札幌市時計台にも魅力はあります。

夜になると時計台はライトアップされ、雪の中に浮かび上がるその姿は、なかなか幻想だそうです。
ちょっとだけロマンチックな雰囲気になるかもしれません。
恋人を誘って行ってみましょう。

 

建物の中に入ることも出来ます

時計台の外観は多くの人が見たことあると思いますが、意外と知られていないのは建物内部です。

時計台は1878年(明治11年)に武芸の練習をする演武場として建設され、今よりも130m北東にありました。
現在の建物内部は、1階は展示・資料室、2階は貸しホールとなっています。

また、時計台は毎時間、その時の数だけ鐘を鳴らします。 中に入ると直接鐘の響きを感じることが出来ます。

時計台に行ったら、外から眺めるだけではなく、中に入ってその歴史を学びましょう。

 

高知県のはりまや橋

photo by Shinkansen

 

がっかりの理由

高知県の中心部に位置しているはりまや橋。

橋と名前はついていますが、その長さは20mほどで、橋の下は人工水路となっています。
現在の橋は1998年に復元されたもので比較的新しく、歴史の情緒を感じることもなく、とても作り物っぽいとのこと。

そんな理由から日本三大がっかり名所にランクインしています。

 

よさこいの聖地

アニメや小説の舞台となった場所を聖地といったりしますよね。
そして、その聖地を訪れることを観光の目的とする人も増えています。

よさこい節のフレーズには「土佐の高知のはりまや橋で、坊さんかんざし買うを見た」というものがあります。
この一場面は、純信という修行僧がお馬という少女に恋をして、かんざしを買ったという話を、よさこいの一節にしたものです。

物語の結末としては、恋仲になった二人は駆け落ちをしたが、途中で見つかってしまい、恋が実ることはなかったというもの。

そんな逸話を勉強してからこの地を訪れると、とても感慨深いものがあるのではないでしょうか。

 

ペギー葉山の歌声を聞く

2012年には、日本の女性歌手であるペギー葉山さんが歌手生活60周年を迎えたことを記念して、播磨屋橋公園にペギー葉山さんの楽曲「南国土佐を後にして」の歌碑が建てられました。
ちなみに、ペギー葉山さんは高知県の名誉県人だそうです。

歌碑からは、午前8時半から午後8時半まで1時間おきにペギー葉山さんの歌声が流れてきます。
一度聞いてみたいですね。

 

長崎のオランダ坂

 

がっかりの理由

実際にオランダ坂を訪れた観光客の率直な感想としては「ただの坂」だということです。
途中で特に何か見所があるわけでもなく、ゆるーく坂が始まり、坂が終わる。それだけのこと。

このオランダ坂を訪れる際には、必要以上の期待を持たないことが大切のようです。
期待値を低くしていけば、がっかりすることもありませんから。

 

外国人居留地の雰囲気を感じる

そんな来る人をがっかりさせるオランダ坂ですが、もちろん魅力だってあります。

日本国内なのに、オランダ坂という奇妙な名前がついた理由。それは、長崎県の歴史と関係がある。
江戸時代には長崎県は唯一海外との貿易が開かれ、周辺では外国人の姿をよく見ることができた。

その当時、外国人をオランダさんと呼んでいたことから、外国人がよく通る坂がオランダ坂と呼ばれるようになったのです。

周辺には外国人居留地があり、外国人が住んでいた洋館がいまでも数多く残されている。
坂だけではなく周辺も散策すると、意外と楽しめるのではないだろうか。

 

シチュエーションは雨がいい!?

1947年(昭和22年)、昭和の歌姫とも称される渡辺はま子さんが歌う、雨のオランダ坂が発売されました。
雨がしっとりと降るオランダ坂の情緒が見事に表現され、大ヒットを記録しました。

「こぬか雨ふる 港の町の 青いガス灯の オランダ坂で~」で始まる雨のオランダ坂。
インターネットで検索して、一度歌を聴いてからこの地を訪れるのがいいでしょう。

雨じゃなくても、晴れのオランダ坂も素敵なんですけどね。

 

まとめ

日本の三大がっかり観光スポットはいかがでしたでしょうか。

がっかりとは言われるものの、観光地となっているからにはそれなりの魅力もあるんです。
前情報をしっかりと仕入れた上でその地を訪れれば、きっと楽しめるはずです。

それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

や橋

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss