タスモッコの木の製品から抱く印象。それは「愛らしい」という表現が一番適切ではないでしょうか。木の存在感がごてごてに表に出ているわけでもなく、モダンでスタイリッシュでもない。どこか素朴で生活感があり、人間的で温かさを受け取り、心から「欲しいな」と思えるような”愛らしさ”を感じるのがタスモッコの製品の特徴。

スウェーデンの古い木製の器に魅了され、舞台製作の仕事から木工作家へと転身した大石浩介氏。

オーダー家具を製作しながら、木のお皿やポットなどの小物も手掛ける。少しでも生活を豊かにできるようなものを届けたいという思いを胸に、日々製作している。

工房は京都府亀岡市にある共同工房タスモッコ。「共同工房」と名が付いているのは、もう一人の木工職人と工房をシェアしているため。
ものづくりをする者同士、お互いに刺激しあいながら、創作活動に励んでいる。

数種類の木材を組み合わせることによって生まれる木目の美しさが、寄木作品が愛される理由。決して洗練された印象を与えることはありませんが、家庭の中で使用するには、食卓によくなじみ愛らしさを覚える寄木の器。

作品に表れる曲線美は大石氏の作品ならでは。柔らかいカーブは見た目の美しさはもちろん、手にした際にも心地よい。カーブのラインに関しては、原寸大の手書きの図面を別途用意するほど、こだわりをもっている。

タスモッコの作品は、使い心地を大切にし、入念に研磨がされています。スプーンを使用してみると、研磨が徹底されていることが分かってもらえると思います。持ち手の部分はなめらかで肌触りがよく、口当たりもなめらかで、木の質感とともに心地いい食事を楽しんでいただけます。

大石氏は小物だけではなくオーダー家具やオリジナル家具も製作している。家具と器ではそれぞれで求められるスキルは違うが、その2つの製作を通して発見することや、学ぶことも多い。家具製作という軸があるから、さまざまな目線で器を製作することができるともいえるのだろう。

【木目を楽しむ】
寄木の器は、木目の方向の違いによって、キラキラと輝きます。使用感だけではなく、眺めるだけでも魅力的で、一枚板とはまた違った楽しみが寄木にはあります。

 

【素朴でシンプルな器】
一枚板で作られている器は、そのシンプルさが魅力的。器が主張しすぎることなく、木の質感が食事を一層おいしく見せてくれます。

 

【手のおさまりが良い】
柄の部分はやわらかいカーブがかかっており、手のおさまりが良く、使い勝手もしっかりと考えられています。
上質の触り心地を体感ください。
ブラックチェリー、ブナ、ブラックウォールナットの3種類を用意しています。お好みの木目のスプーンをご選択ください。

2本セットなので、結婚祝いの品にも最適です。

 

【滑らかでユニークな形状】
タスモッコのポットは、柔らかで滑らかな形状が特徴の一つ。その愛らしい形に魅了される者は多い。

 

【金属アレルギーの方でも大丈夫】
木の質感を肌で感じて楽しめるバングル。金属アレルギーの方でも、おしゃれを楽しめる一品です。
寄木を使用しているところも、木目の変化を楽しめてgoodです。
注目度の高いウッドバングル。ファッションアイテムの一つとして、普段の装いに取り入れてはいかがでしょうか。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss