餃子の王将やバーミヤンなど、日本には中華料理店がたくさんありあます。チェーン店も多いですが、本場の中国人が経営している小店舗までさまざま。
みんな大好きな中華料理ですが、実はその中にも日本生まれの料理が混じっているのです。

というわけで、今回は本場中国人もびっくりの、日本生まれの中華料理について、ご紹介していきます。

実はこれも!?日本生まれの中華料理

エビチリ

ピリッとスパイシーなチリソースが美味しいエビチリ。

このエビチリは、日本の中華料理の父とも呼ばれる、陳建民(チン・ケンミン)さんが、日本人向けに開発したメニューなんです。 陳建民さんとは、かつてのフジテレビの人気番組「料理の鉄人」で、中華の達人として活躍した陳建一(チン・ケンイチ)さんのお父様。

もともとは、四川料理の「乾焼蝦仁」(カンシャオシャーレン)という料理があり、それを日本人向けに辛みをおさえ、独自に改良を加えた結果、今のエビチリになりました。

中華料理店に行ったら、注文する人も多いのではないでしょうか。

焼き餃子

中華料理の代名詞ともいえる餃子。しかし、決して本場中国で餃子が食べられていないというわけではありません。
では、なにが日本独自なのか。それは、焼き餃子です。

中国では、餃子といえば水餃子が一般的なのです。中国人からすると、なぜ日本は焼き餃子ばかり食べるのか不思議に思うことも多いそうです。

中国でも余った餃子を翌日に焼いて食べることはあるそうですが、あらかじめ焼くことを前提とはしてません。
第二次世界大戦終結後、旧満州から帰還した日本人が、現地で食べた焼き餃子を再現したのが、日本での焼き餃子の始まりであるという説が有力だそう。

ニンニクが入っていることも日本独自ですし、なによりも日本のモノは白飯に合う味付けになっています。
また、栃木県の宇都宮市は、餃子の街として有名で、餃子激戦区として知られています。「みんみん」や「まさし」「宇都宮餃子館」といったお店が、美味しい餃子を提供するとして人気のようです。

天津飯

photo by Jun OHWADA@flickr

とろみのある餡と、ふんわりタマゴの優しい味わいが人気の天津飯も、日本発祥の中華料理です。
タマゴ好きの日本人にはぴったりの料理かもしれません。

天津飯発祥のお店は、「来々軒」か「大正軒」のどちらかだといわれています。
どちらが本当の元祖かは分かりませんが、きっとどちらのお店もお客さんに人気の天津飯を提供していたことでしょう。

そういえば鳥山明先生のドラゴンボールにも、天津飯というキャラが登場していましたね。気功砲や太陽拳といった技を放つ、三つ目でつるっぱげのやつ。

中華丼

八宝菜をご飯の上に乗せた中華丼。 中華街の料理店のまかない飯として作ったのが始まりとされています。 もとはまかない飯で、それが評判を呼び世間に広まった料理って、中華以外にも結構多いですよね。

中華丼はインスタント食品でも普及していますが、まさか日本発祥だとは思いませんでした。
丼もの料理は、基本日本のものが多いのでしょうか。

冷やし中華

食欲が低下する暑い夏にはぴったりの冷やし中華。初夏あたりからコンビニエンスストアでも販売が始まり、日本の夏の風物詩にもなっています。

冷やし中華の発祥にも「龍亭」という店が元祖という説と、「揚子江菜館」という店が発祥という2説があります。
冷やし中華ファンであれば、こちらの「「冷やし中華始めました」日本の夏を彩る麺料理」も併せてご覧ください。

ちなみに私はマヨネーズと一緒に食べるのが好きです。

まとめ

日本生まれの中華料理はいかがでしたか?

日本発祥とはいっても、もともとのルーツはやはり中国にあり、それに日本でアレンジが加わったという方が適切なのかもしれません。
本場中国にある料理でも、日本に来ると、日本人の味覚に合わせた味付けになりますし。

それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss