日本人はお風呂が大好きな民族です。
一日の汗と汚れを洗い落とすため、昔から銭湯という大衆浴場に足を運んでいました。

その銭湯が、近年では大発展を遂げて、今ではひとつのレジャー施設といってもよいほど。
昔ながらのシンプルな銭湯ももちろんありますが、サウナ、露天風呂など数々の浴槽を兼ね備えたスーパー銭湯も、数多くみられるようになりました。

今回は、そんな日本のスーパー銭湯について特集します。

スーパー銭湯に行くには

車で行ってよし

スーパー銭湯へ行くには、車を使用しても大丈夫です。

昔ながらの銭湯は、駐車場を完備していないことも多いですが、スーパー銭湯は違います。
大抵の場合、大型駐車場が完備されていますので、車で行っても問題ありません。

歩いて通うと、冬の寒さで湯冷めしてしまうので、車が使用できるのは嬉しいところです。

タオルなどは必要に応じて持参しよう

これは一般的な銭湯にも同じことが言えますが、使用するタオルは家から持参しましょう。
銭湯で入浴前に購入することもできますが、毎回購入していたらもったいないですよね。

また、スーパー銭湯内には、無料で使えるシャンプーやボディーソープが置いてあります。
ただし、自分のお気に入りのシャンプーで洗いたい場合は、こちらも持参していくと良いでしょう。

いろんな浴槽があって楽しめる

スーパー銭湯では、いろいろなお湯が楽しめます。
今回は、その一部をご紹介しましょう。

電気風呂

お風呂に電流が流れているのが電気風呂です。
冗談ではなく本当に電気が流れているので、電気風呂に浸かると、ビリビリします。

ただしご安心を。
体に害が無い程度の電流しか流れていません。

むしろ、マッサージ効果もあって、体に良いとも言われています。

露天風呂

屋外に設置されているお風呂が、露天風呂ですね。
大抵のスーパー銭湯には設置されています。

冬の寒い日に露天風呂に入るのが好きという意見も、よく聞きます。
景色が良いと尚更グッドです。

ジェットバブル風呂

ジャグジーですね。

お風呂屋さんによっては、結構な勢いで泡が噴射されるジェットバブルなるものがあります。
これも電気風呂と同様、マッサージ効果があって健康にもよいとか。

サウナ

浴槽とは違いますが、スーパー銭湯ではサウナ施設も完備していることが多いです。

サウナに入ると、体の中の老廃物が出て、すっきりして健康になったような気分になるのは私だけでしょうか。
サウナの中で我慢大会をしている人もみます。

ただし、無理するのは危険なので止めましょう。

楽しむのはお風呂だけじゃない

風呂上りの一杯が最高

スーパー銭湯には、施設内にビールを飲める食事処が併設されていることも多いです。

お風呂上りに飲むビール。美味しいですよね。
ほてった体を、冷えたビールでクールダウンさせましょう。

20歳未満の未成年の方は、コーヒー牛乳で我慢してください。
銭湯のコーヒー牛乳は牛乳瓶で提供していることが多いのですが、あの瓶で飲むと、より美味しく感じるから不思議です。

岩盤浴も人気

近年では女性を中心に岩盤浴も流行しています。

スーパー銭湯でも、岩盤浴とのセットプランもあり、大浴場に行く前に岩盤浴でたっぷり汗をかくこともできます。

岩盤浴はサウナほど熱くないため、じっくりと体の芯から温まって、老廃物を排出できます。

女性には嬉しいエステ

スーパー銭湯が用意しているサービスは他にもあります。

女性にとって嬉しい、エステコーナーがある銭湯も存在します。
角質ケアや、フェイシャルケア、ボディトリートメントなどのメニューがあり、リラックスしながら綺麗になれます。

まとめ

日本の銭湯は、これほどまでに進化しているんですね。
入浴料もそれほど高いわけではありません。

なかには朝から晩までスーパー銭湯に入り浸っているような猛者もいます。
今度の休みは、スーパー銭湯に行ってみてはいかがでしょうか。

それでは、また!