安楽死や尊厳死という言葉を聞いたことがあると思います。

日本の法律上では、安楽死というもの自体を認めていません。 病院で末期の患者が安楽死を望んだとしても、医師が処置をすると、殺人罪に問われてしまう可能性だってあります。
しかし、海外には合法的に行われている国や地域もあるのです。

今回は、そんな安楽死や尊厳死と呼ばれるものついて、考えていきましょう。

まず知っておきたいこと!安楽死と尊厳死は違う

安楽死と尊厳死。この2つは同一視されがちなのですが、実は違いがあるのです。
明確に定義されてはいないものの、一般的に区別されている定義をご紹介します。

安楽死とは

安楽死とは、自発的、非自発的に限らず、意図的に死へと導くことを指します。

例えば、自殺。生きることに疲れ、死を選ぶときに、飛び込みや首を吊るといった方法ではなく、薬によって安らかに人生を終えること。これが安楽死に該当します。

他にも、助かる見込みがないほどの大きな病気を患った時に、肉体的苦痛を避けるため、薬によって楽に死ぬこと。これも安楽死です。

そして、自発的でなくても安楽死と呼べる事象は発生します。
生まれてきた子どもに重度の障害があったりする場合、親によって死という選択肢が選ばれる。本人の意思とは関係なく、死を強要させられるわけですが、この場合も安楽死と呼ばれます。

一言に安楽死といっても、その考えは様々で、数種類のパターンがあるのです。

尊厳死とは

尊厳死と呼ばれるものは、基本1パターンです。

怪我や病に冒され、助かる見込みがないときもあると思います。特に末期のがんが見つかった時には、完治することは望めないことも多いでしょう。
それどころか、意識が戻らずに寝たきりの状態になってしまうことも考えられます。

そんな時に、自らの決断で、延命措置や治療を行わずに死を選択する。これが尊厳死です。

尊厳死は本人による自発的なものであり、薬による積極的な死ではなく、延命措置の放棄という、消極的な死なのです

日本での安楽死の扱いは

安楽死は殺人罪!?

冒頭にも述べましたが、日本では原則、安楽死は法的に認められていません。
過去にも、患者家族の要望により、積極的安楽死の処置を施した医師が、殺人罪として逮捕される事件も起こっています。

名古屋で起こった安楽死事件について、名古屋高等裁判所は、安楽死として認められる場合(殺人罪に当たらない場合)の基準を下記のように示した

1.不治の病に冒され死期が目前に迫っていること
2.苦痛が見るに忍びない程度に甚だしいこと
3.専ら死苦の緩和の目的でなされたこと
4.病者の意識がなお明瞭であって意思を表明できる場合には、本人の真摯な嘱託又は承諾のあること
5.原則として医師の手によるべきだが医師により得ないと首肯するに足る特別の事情の認められること
6.方法が倫理的にも妥当なものであること

この6要件は、後の安楽死をめぐる裁判でも、ひとつの基準として使われることになったという。

ちなみに、現在安楽死を認めているのは以下の国と地域です。
・スイス
・オランダ
・ベルギー
・ルクセンブルク
・アメリカ(オレゴン州、ワシントン州、モンタナ州、バーモント州、ニューメキシコ州)

どうしても安楽死を望む場合、これらの地域に移住することで、合法的に安楽死を行うケースがあるという。
さらには、スイスでは安楽死を目的にした旅行者が増えているというから驚きだ。

尊厳死であればよい!?

一方、延命措置の放棄という、消極的な死による尊厳死は、殺人罪に問われることはないとされています。
これは日本だけではなく、世界中の比較的多くの国々で容認されています。

消極的な安楽死ということでは、2004年の北海道立羽幌病院の医師が、患者家族の同意のもと、延命措置を放棄し、殺人罪に問われる事件が発生しています。
この時は、本人の意思確認を怠り、家族への病状の説明も不十分だったことが、罪に問われる原因となったようです。

日本尊厳死協会という団体

自分の最期について考える、日本尊厳死協会という団体も存在します。
入会すると、尊厳死を希望する旨が書かれた「尊厳死の宣言書」というものに署名をし、それを協会が預かってくれるそうです。

1976年ごろから活動を始め、現在では12万5000人もの会員数がいるそうです。
延命という選択肢でなく、運命に従い、安らかな最期を迎えたいと願う人が多いのでしょう。

安楽死に対する意見

安楽死反対派の意見

安楽死については、昔から様々な議論が重ねられており、賛否両論あります。

反対派の意見には「人の生死は、人が決めるものではない。もって生まれた寿命に従うものである」といったものや、「もし安楽死を認めてしまえば、延命措置にかかる費用などの経済的事情が要因となり、他者から死を強要される恐れがある」といったものがあります。

反対派としては、死を自分で選択するという行為、それが倫理的に良くないとして、批判する声が多いようです。

安楽死賛成派の意見

対する賛成派の意見としては、「本人の意思を最大限尊重すべき」といったものから、「苦痛から逃れるための安楽死は必要」や「社会的に国家が負担する医療費が増加している中、見込みのない延命治療は早々に切り上げ、安楽死を選ぶべき」というものがあります。

なかなかきわどい意見もありますね。
様々な論調はありますが、現在でも日本は安楽死を認めてはいません。

まとめ

安楽死や尊厳死をめぐる議論は終わることはありません。
一分一秒でも長く生きたいと思う人もいれば、命が果てる最期の時まで、人間らしくありたいと思う人もいます。

皆さんはどのように思いますか。
それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss