日本では人が亡くなると、お寺・お墓に納骨するのが一般的な供養の方法ですよね。
しかし、最近は墓不足や宗教離れ、故人をいつまでも身近に感じたい、という理由から、納骨をしないで遺骨・遺灰をいつまでも身近なところに置いておく、手元供養が広がっています。

一応日本にも、「墓地、埋葬等に関する法律」というものがあり、遺骨を勝手なところに埋葬してはいけないことが法律で定められていますが、自宅で管理することに対しては禁止されていません。

今回は日本に広がる手元供養について、ご紹介していきたいと思います。

手元供養を実施する理由

墓地が足りない!

墓地不足が深刻化しているというニュースをよく耳にします。
基本は1つの家系につき1つのお墓があり、先祖代々同じお墓に入ることで、先祖供養をします。

しかし、基本お墓を継ぐのは長男です。
次男の場合は新しくお墓を作るしかありません。そうすると、どんどんお墓の数が増えていくことになりますので、墓地不足は深刻な問題となっています。

そして、墓地の確保や墓石を購入するためにも、結構な費用がかかるため、供養の方法は多様化をみせています。手元供養もそのうちの1つです。

また、最近では墓地を作るよりも安価だとして、遺骨を管理する施設、納骨堂の利用者も増えているようです。

墓地の管理が大変

墓地の管理が大変だという声も多い。
墓地があり、そこに先祖が眠っており、永代にわたってその墓地を管理するということは、なかなかその墓地の周辺から離れて住むわけにも行きません。

昔は同じ土地で代々暮らすことも多かったようですが、現代では就きたい仕事によって、地方を出て都会に暮らすことも多くなりました。
そうすると、地方にあるお墓をどうやって管理していこう…という問題になり、手元供養という方法を選ぶ人も多いのです。

確かに先祖のお墓のある地域に、だれも親族がいなくなった場合、わざわざお墓の管理のためだけにその地に赴くのは、少しばかり面倒ですよね。

宗教観の変化

人が亡くなったらお寺で供養してもらい、お墓に入る。それは日本人にとって、当たり前の感覚であり、そこに疑問を抱くことすらありませんでした。

これは、宗教的感覚が根付いているということなのですが、近年ではお墓に入る意味を問うようになってきました。 「別にお墓に入る必要なんてないじゃん」とか、「もっと違う形の供養のされ方を望む」という考えも生まれています。

今までの供養のされ方から、新しい供養のカタチへ。
宗教離れとともに、手元供養をはじめ、さまざまな供養のされ方を望む人が増えています。

故人をいつまでも身近に感じていたい

身近な人が亡くなるということは、とても悲しいことです。大切な人であればあるほど、心の傷も大きくなり、喪失感が襲います。

そんな時に、故人の遺骨の一部を、自分の身近な所に置いておくことで、精神的に楽になることも多いようです。

特に、不慮の事故や事件で大切な人を亡くした場合、突然すぎて心の準備もできずに、精神的に受けるダメージも大きくなります。そのような経験をする方にも、手元供養という方法は少しでもショックを和らげるという意味で、効果的なのではないでしょうか。

手元供養の方法

オシャレな骨壷で自宅で保管

葬儀屋などでは、手元供養用の小さめの骨壷を販売しています。
そこに遺骨を入れて、後は家で保管するだけです。

洗練されたお洒落なデザインのものが多いため、家の片隅ではなく、陽のあたる場所に置いたとしても全く違和感はありません。
もはや自宅のインテリアの一部となるのです。

たとえ外に出ていても、家に帰れば大切な人が待っていると思えますね。

ペンダントなどに入れて肌身離さず

遺骨や遺灰の一部を、ロケット型のペンダントにいれて、アクセサリーの一部とする方法もあります。
肌身離さず一緒にいたいという方にはぴったりの方法。

ロマンチックだと言う人もいれば、ちょっとやりすぎじゃない!?と思う人もいるようです。
考え方は人それぞれですね。

遺骨を加工してダイヤに

遺骨を加工してダイヤモンドを作る。そんなサービスを提供している業者もあります。
これはメモリアル・ダイヤモンドと呼ばれるそうで、遺骨の中に含まれる炭素を抽出し、それを加工することで人工のダイヤを作り出します。

誰が見ても遺骨から作られたダイヤだと思う人はいないでしょう。
とても素敵なサービスだと思います。

また、他にも遺骨や遺灰を加工してプレートにしたり、ペンダントやリングにしたりする場合もあります。

他にもある供養のカタチ

木をシンボルにする樹木葬

手元供養のほかにも、様々な弔いの方法が生まれています。

樹木葬と呼ばれるものも、そのうちの1つで、その特徴は、墓石ではなく樹木を墓標として扱うことです。
シンボルとなる大きな樹木の周りに遺骨を埋葬するタイプや、人が1人亡くなる度に木を1本植えていくタイプなどがあるようです。

しかし、これも勝手に墓標となる木を決めて散骨してはいけません。
埋葬してもよい場所は法律で定められていますので、必ず霊園などの許可を得た場所で行うようにしましょう。

樹木葬ができる施設は、インターネットを使って検索すれば分かりますので、生前にご確認ください。

山や海などに散骨

山や海など、故人にとって親しみのある場所に散骨する風潮も広がりつつあります。
自然に還るという意味で、このような自然葬と呼ばれるカタチを望む人も多いです。

しかし、先にも述べたとおり、日本には墓地、埋葬等に関する法律があり、勝手な場所に散骨するのは禁じられている行為です。下手をすれば遺骨遺棄罪に問われることになります。

ですが、山や海への散骨を積極的に行っている、「葬送の自由をすすめる会」という会も結成され、散骨の自由を主張しています。
それに対し法務省も、一定の節度の範囲内であれば、罪にはあたらないという意見を出しているようです。

ちょっとグレーな方法ではありますが、死後、自然と一体になりたい気持ちは分かります。

ネット墓地

ついに時代もここまで着ました。
インターネット上にお墓を作るという、トンデモ発想!すごいですね。

これなら実質的な場所は一切必要としませんし、いつでもどこでも、ネットにつながる環境さえあればお参りができます。

故人の写真などをまとめてフォトアルバムも作れますし、故人に対する想い出を文章で書き連ねることもできます。
供養と呼ぶには味気ないかもしれませんが、今の時代にあった案外使えるサービスかも!?

まとめ

手元供養についてはいかがでしたか。

死んだらお墓に入るのが、当たり前ではなくなってきているのですね。
もしかしたら近い将来、日本の墓制度も終わりをむかえることになるかもしれません。

皆さんはどんな方法で弔って欲しいと思いますか?
それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss