京友禅、誂友禅染工場の専属型彫として昭和9年創業。振袖や留袖、訪問着などの着物、その他小物類まで、染色法法や用途などにより数枚から数百枚の型紙を彫る事が必要となる。それらは、すべて一枚の型紙から染められてゆく。そんな型紙は、一枚の和紙と小刀から生まれる。

「ぬくもり」「安らぎ」「和の心」を与えてくれる友禅柄、古典模様、風景描写など、先代・西村友喜知氏より受け継いだ友禅彫刻の技法を駆使し、心を込めて彫り上げた「人の心に何かを語りかける型紙」を日常生活の中に届けられるよう、新たなアプローチでの商品制作、販売を目指す。

 

西村友禅彫刻店の作品は全て、二代目西村武志が一枚一枚彫り抜いた特別な柄。だからこそ、温もりや安らぎをを感じることができる。厳選された柿渋紙に、数百種にも及ぶ小刀を使い分け、長い時間をかけて丁寧に仕上げることで、平面でありながら、立体感と深みを持った柄を表現することができるのです。

 

西村友禅彫刻店では、染色道具である枠を飛び越えて、今の生活に溶け込む作品創りを心がけています。型紙本来が持つ繊細な美しさはもちろんのこと、独自の型紙を用いて染色したオリジナル製品の数々。日常使いの中にも、プリントや大量生産品にはない特別感があります。また型紙特有の友禅柄、古典模様が”和の心”を感じさせてくれます。

 

フランスのデザイナー集団「COLLECTIF PRÉMICES」による企画では「日常使いできるアート」として、革製品に友禅彫刻の技法を応用した製品を開発。ユーモアと目新しさ、そして芸術性に溢れた作品たちが、見る美しさだけではなく、使う楽しさも教えてくれます。

 

【友禅の和】
型紙を用いて施された友禅柄。京友禅独特の華やかさを踏襲しつつ、落ち着いた印象に抑えられています。シーンを選ばずお使いいただけるため、ギフトとしても最適です。
【京都伝統の西陣織】
タンブラーの中に使われている生地は、京都府の伝統的工芸品にも指定されている、高級絹織物である西陣織(にしじんおり)が用いられています。
【スタイルに合わせて】
また用途に合わせて350ml、220mlをご用意しました。トンボ友禅柄は金色、虹色どちらかをお選びいただけます。

 

 

【国産革×伝統工芸】
国産の牛革を使用し、革に直接職人が絵柄を彫ったこだわりの品。伝統技法を用いて彫りぬいた絵柄は高級感、存在感も◎。
【浮かび上がる絵柄】
iPad(iPhone)をケースにいれた時や、ケースに入れたまま電源をつけると、ディスプレイの光が差し込み、より立体的に絵柄が浮かび上がらせます。
【優しく守る】
柔らかな国産牛革がディスプレイを優しく保護します。また完全密閉型とは異なり、程よい通気性も確保されているため、熱が篭り難い設計になっています。

 

【ランドスケープ】
パリのデザイナー集団iCOLLECTIF PRÉMICESと協同開発したランドスケープ(風景)コレクション。日本の文化や風景をシンプルかつスマートに表現したアイテムたち。遊び心に溢れ、使う楽しさを教えてくれます。
【日常に映える】
ランドスケープシリーズ以外でも、友禅彫刻を身近に感じていただける革製品を制作しております。着物はもちろんのこと、さまざまな場面でお使いいただけます。お好みのスタイルでお楽しみください。
【空間を演出】
友禅彫刻はインテリアとして楽しむことがきます。幾重にも着物に刻み込んできた型紙の歴史と、温もりを身近に感じることができます。またご自宅やオフィスの雰囲気がグッと引き締まります。

 

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss