職人インタビュー

器や照明など、磁器の作品を数多く手掛ける勝村顕飛さん。磁器の表面をひっかき、そこに顔料を流しこんで独特の模様を表現する線象嵌と呼ばれる技法を得意としています。勝村さんからは、作品を作る上で一番大切にしていることや、ものづくりのコンセプトなど、お話をうかがいました。

 

ーー陶芸を始めたきっかけを教えてください

私の通っていた高校では選択授業の一つに陶芸があって、授業の中で初めて本格的に陶芸に触れました。そのときの先生はプロの作家としても活動している方で、しっかりとした薪窯を使用しており、私も窯焚きの手伝いをしていうるうちに、陶芸にのめり込んでいきました。

そして高校を卒業後は陶芸の専門学校に3年間通い、電動ろくろを基本に、生地づくりから焼成まで、一通りのことを勉強しました。

また、私の両親は絵を描いている人ですので、そういった環境で生まれ育ったことも影響しているのだと思います。

 

ーー陶芸の技術は専門学校以外では、どのようなところで学ばれたのでしょうか

専門学校を卒業後は、益子焼で有名な栃木県益子町の窯元に就職しました。その陶房は器づくりが中心の窯元でしたので、そこで器づくりの技術を覚えていったのですが、器制作以外のことを覚えたいなら自分でやっていくしかありません。

これは独立してからもそうなのですが、陶芸はさまざまな表現方法があって、技法となると際限がありません。だから新しいことをやろうと思えば、それは常に手探り状態で見つけていくことになりますし、それなりの経験だって積んでいく必要があります。新しいものを作っていくには、自分自身で努力していろんなことを学んで、自分のものにしていくしかありません。

 

ーー勝村さんの作品は白地の器に、赤や黒のラインで幾何学的な模様を描いており、とてもユニークな印象を抱きます。その作風はどのような経緯でたどり着いたのでしょうか

今の器の作風については、自分の中でいろいろと表現方法を試していくうちにたどり着きました。デザイン自体は完全に自分オリジナルのものですが、技法自体はさまざまな技を組み合わせながら形にしています。作品として仕上がったのは今から3,4年前のことですね。

私は新しい作品を作るとき、思いついてから形にするまで結構時間がかかるタイプなんです。思いついたらすぐに手を動かして形にする人が多いかもしれませんが、私は思いついたアイデアを事あるごとに反芻して頭の中で練りながら、数年かけて仕上げていきます。今の器の形にたどり着くまでも、結構な時間がかかりましたね。

 

ーー手掛ける作品のコンセプトを教えてください

「面白いものを作る」ということを常に意識しています。器を作ったとしても、食器として使わなくても面白いと思えるものが理想ですね。

また、オリジナルなものを作りだすことも大切にしています。だから私の作品を見て「初めて見た」と言われたときは「してやったり」と思いますし、なにより”面白い”と感じてもらえることが嬉しいですね。焼き物のイメージはみんなそれぞれお持ちだと思いますが、私の作品もいろいろある焼き物のうちの一つとして見ていただきたいです。

それと、最近では作品に対し「かわいい」と声をかけていただくこともあるんです。始めはかわいいという言葉をいただくのは本意ではなく、少々違和感がありましたが、最近では「かわいい」という言葉が持つ意味の幅を感じ、「なるほど」と思うようにもなってきました。

 

ーー作品を作る上で、形やデザイン、使い心地など、一番大切にしていることはどのような部分でしょうか

一番は面白さやオリジナリティといった部分ですね。私は器制作から始めた人間でなく、オブジェのような造形物を作るのが好きな人間なので、形の面白さを大切にしています。

また、造形以外のデザインについても面白いものを考えており、普段の生活の中から気になったものを取り入れたり、伝統的な模様を取り入れたり、イベントを開催すればその土地にちなんだ模様を取り入れるようにしています。

 

ーー陶土といった素材や、作陶に使用する道具で、こだわっていることはありますか

道具が変わると制作しづらくなってしまいますので、道具にはこだわっています。作陶の中心となる削りに使用する”かんな”にもこだわりがありますし、表面にラインを引くために使用する針も、自分の使いやすいように自作しています。

土に関しては、瀬戸の業者から取り寄せたものを使っているのですが、業者もいろんな土をブレンドしていますので、取り寄せた土をさらに自分で調合しながら使用しています。

 

ーー他の陶芸家とは違う勝村顕飛らしさは、作品のどのようなところに表れているのでしょうか

作品単体で言うと、なめらかな質感やマットな質感にあると思っています。そして表面にあしらわれているラインについても手描き感が出ているのが、私の作品らしさです。きれいに描くことよりも、勢いでラインを引くことを意識しています。

また、展示会の際には、空間を作るということを大切にしています。私が手掛ける照明も空間演出の一つのアイテムなのですが、その空間自体がインテリアショップのような場所にすることもあります。
最近では作品を展示するなら面白い会場がいいという思いもあり、個展を開催する会場自体も吟味して選ぶことが多いですね。

 

ーー職人Timesをご覧の皆様へ、メッセージをお願いします

一言に焼き物と言ってもいろいろな作品があります。世の中には作り手の分からないものが溢れていますが、作り手の見える作品を手に取って、使う人も焼き物のことを知ってもらえれば嬉しいです。

 

プロフィール

勝村顕飛 -KATSUMURA AKITO​-

1981年 東京に生まれる。自由の森学園で焼き物に出会い、のめり込む。2002年 文化学院芸術専門学校卒業後に益子ゆみ陶へ入社。2003年 真岡市にて独立し、個展・グループ展を開催しながら作陶を続ける。