話し言葉で使用されるものだけが、日本語ではありません。

インターネットの世界だけでしか通用しないような言葉、スラングが存在します。
ネットスラングについては、各国の言語でそれぞれ存在しますが、今回は日本で使用されるネットスラングについて、難易度のレベル別にご紹介していきます。

今からでも遅くはありません。
これを読んで、一緒に勉強していきましょう。

初級 なんとなく意味が分かるレベル

自宅警備員

職業を聞かれたら、「自宅警備員」と答えます。
警備員ですか…危険を顧みず体を張るお仕事なんて立派です!なんて思ってはいけません。

警備するのはあくまで「自宅」ですから。

要するに、学校も通っておらず、働く気力もない「ニート」を指すスラングです。
「自宅警備員」パッと聞くと、なんか格好いいですが。

ググれ

会社の同僚や友人に質問をしたところ、「ググれ」と言われることもあります。

「ググれ」はインターネットの検索エンジン「Google」で検索して調べろという意味です。
今の時代、なんでもGoogleで検索すれば答えが出てきますから。

便利な時代になったのはありがたいですが、わざわざ辞書を引いていた時代も懐かしいですね。

ちなみに、インターネット上の百科事典「wikipedia」で調べろと言いたい時は、「ウィキれ」と言えば大丈夫。

「乙」は「おつ」と読みますよね。
「おつかれさま」という意味です。

親しい間柄であれば、口語で「オツ」と言っても違和感はないでしょう。
ねぎらいの言葉を使いたいときは「乙」で。

中級 ちょっと考えれば分かるかな

うp

「うp」は「Upload(アップロード)」のことです。
画像ファイルをインターネット上にアップロードした時に、「うpする」なんて言ったりします。

こうゆうネットスラングは、一番最初に使用した人も、やがて皆が一般的に使用することになるだろうとは、思ってもみなかったことでしょう。

disる

英語の接続詞「dis」を、無理やり日本語のスラングにしてしまいました。
読み方は「ディスる」です。
相手を軽蔑したり、馬鹿にしたりする時に使用します。

もとはヒップホップを歌うラッパーの間で使われていた言葉だったようですが、現在ではインターネットの中でも使用されるようになりました。

リア充

「リア充」とは、「リアルが充実している人」の略語です。
特にリア充の定義はありませんが、友達も多く人生を楽しんでいるような人、彼氏・彼女がいる人は、リア充と呼ばれます。

リア充ではない人は「非リア」といいます。
また、リア充を非難するときには、「リア充爆発しろ」というのがお決まりのセリフです。

上級 もはや意味を知らないとなんのことやら

wktk

少し前には、この「wktk」がしきりに使われていました。

日本語にも読めませんし、英語でもありません。
もはや、何を意味しているのか、意味を知らないことには全く想像がつきません。

「wktk」は「ワクテカ」と読みます。
もう少し説明すると、期待が高まり「ワクワクテカテカ」している状態のことです。

難しいぜネットスラング!

スイーツ(笑)

決してデザートの事ではありません。

流行に流されやすい女性のことを「スイーツ(笑)」と表現します。
数年前、日本ではデザートという名称を、なんでもスイーツと表現する風潮がありました。

そのような経緯があり、あまり物事を深く考えずに、流行を追う女性を嘲笑する意味で生まれたスラングです。

褒め言葉ではありませんので、「スイーツ(笑)」と言われたら怒って大丈夫です。

中二病

中二病…そんな病気は世の中にありませんので、お医者さんの前で中二病だなんて言わないようにしましょう。

中二病とは、14歳ぐらいの中学2年生の子供がやりそうな事、考えそうな事を大人になってもしている人を指すスラングです。

例えば…

・自分は神様から選ばれた特別な存在だと思っている
・急に哲学を語り始める
・権力のあるものには、過剰に反抗する

いかがですか?
あなたは中二病じゃないと言い切れますか?

JK

「JK」には二通りの意味があります。

一つ目は「常識的に考えて」の意味。
常識の「J」と考えての「K」を合わせた造語です。

二つ目は「女子高生」の意味
女子の「J」と高生の「K」を合わせたもの。

同じ「JK」でもまったく意味が異なるものになりますので、使用場面を察して、意味をくみ取るようにしましょう。
使いどころを間違えると、思わぬ変態になってしまいます。

まとめ

日本のネットスラングはいかがでしたでしょうか。

日本人にとっても理解するのが難しいのですから、外国人の方が初めて聞いたら、何のことやらチンプンカンプンな状態になってしまうでしょう。

そして、まだまだ他にもネットスラングは存在します。
またの機会にパート2ということで、紹介できればと思います。

それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss