職人の鉋やノミ。竹平さんはこうした道具を使った手仕事にもこだわりを持っていてます。もちろん家具製作には機械は欠かすことができませんが、特に鉋がけは人の手に勝るものはないといいます。

 

こちらは昇降盤。幅を決め、一定の間隔で正確にカットしていきます。

 

切り口に切り跡が残っていると、細かい凹凸ができる。それを鉋で綺麗に整えてゆく。この作業も機械でやれないことはないのですが、本来の木質が持つ美しさや、滑らかな表情を生み出すには、手鉋が一番。職人は手間を惜しみません。

 

もちろんそれは家具に限ったことではありません。どんな作品でも同じこと。こうした細かな気配りに、使い手が気がつかないこともあるかもしれません。それでも「お客さんには最高のものを」と竹平さんは語り、休むことなく手を動かし続けます。

 

木の接合部も、凹凸がないようにノミで削る。触ってみると、まるで一枚の板のように滑らかです。

 

そうして丁寧に仕上げを施していき完成。無垢材ならではの木目がとても美しいです。一度触ってみると、細やかな職人の手仕事に感動を覚えると思います。

 

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss