ギャラリー杜 製作現場

九州、熊本の自然豊かな地に工房を構える「ギャラリー杜」。工房に一歩入れば、木を加工する道具がずらり。なんだか秘密基地みたいですね!

 

彫刻刀やノミ。ハンマーで打ちつけながら木を削ったり、慎重にゆっくりと削っていったり。作業には切れ味が重要になってくるため、作業に入る前には必ず刃を研ぐそうです。用途によって刃の種類もいっぱいですね。

 

木の表面や角を整える鉋(かんな)たち。機械ではなく、今でもこうした鉋が使われているのは、人間の手作業の感覚が、木を削るときには欠かせないからなんです。

 

材木から切り出した木の塊を、職人が一点一点手作業で彫り進めていきます。根気と技術が必要となる作業ですね。でもこうして丁寧に削りだされた器だからこそ、木の表情がまた素敵になるんですよね。

 

完成した器に漆を塗っていくと、このとおり。甲斐さんの作品は、懐かしくも、どこか新しい印象を受けます。ただ昔ながらの製法で作っているだけじゃなく、独学で得た漆の技を駆使して、存在感のある木工芸の美を追究しているように感じます。 一人暮らしの人だと、なかなか手が出ないかもしれませんが、実家ではこうした器で食事をとりたいですよね。安心します。

 

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss