冷えてくると、おでんが恋しくなってきますよね。
ほくほくおでんを食べると、身も心も温まります。

また、日本のコンビニでも、冬になるとレジ横におでんコーナーが設けられます。ついつい買ってしまう人は多いのではないでしょうか。

というわけで、今回はおでんについてです。
皆さんは、何の具材が好きですか?

おでんとは

日本料理のひとつ

おでんは、日本料理の一種であり、出汁の中に「おでん種」と呼ばれる具材(ちくわ、こんにゃく、だいこん等)を入れて煮込んだ料理です。

※出汁については、こちらの「日本料理の基本!その名は「出汁」!日本の出汁文化を味わおう!」をご参考ください。

使用してよい具材については決まりがないため、基本的にはどんな食材でもおでん種として、調理出来ます。
ただ、美味しくなるか不味くなるかは分かりませんが、大抵の場合は美味しく頂けてしまうのがおでんの良いところ。

見かけなくなった屋台のおでん屋

かつての日本では、夜になると屋台のおでん屋がそこかしこで店を開いていました。
そこで一杯やるのが、庶民の楽しみの一つでもあったんです。

しかし、1980年代以降、屋台型のおでん屋も徐々にその姿を消していき、今ではめっきり見かけることは無くなりました。

ちなみに、横浜駅西口付近の、帷子川(かたびらがわ)沿いでは、今でも十数件のおでん屋台が軒を連ねています。おでん屋で熱燗なんて、粋な飲み方がしたい人は、どうぞ!

スーパー、コンビニ、家庭でも作られる庶民の味

おでんは専門店で食べるのも良いですが、スーパーやコンビニでも売られています。
煮込み料理は調理に時間がかかるため、手軽に購入できるのは嬉しいですね。

また、どの家庭でも、おでんを作ることは珍しいことではありません。
家庭で作るモノは、それぞれの家によって味付けが異なり、まさに家庭の味、母親の味になります。

おでんとは、日本人にとっては非常になじみ深い、庶民の味なんです。

おでんの具材には何を使用する?

一般的には…

おでん種は地域によっても特色が現れますが、一般的には下記のような具材が全国的に使用されます。私もおでん屋に行くと、大根、たまご、こんにゃくあたりは、必ずといってよいほど注文してしまいます。

・大根
・たまご
・こんにゃく
・ちくわ
・はんぺん
・巾着

熊本県では馬すじ

熊本県では馬の肉である「馬刺し」をよく食べることから、おでんにも牛すじならぬ、馬すじが入ります。
どのような食感なのでしょうか…一度食べてみたいですね。

沖縄県は豚足

沖縄県といえば豚足。
もともと沖縄では肉と言えば豚肉というほど、圧倒的に豚肉を食す文化が根付いています

その特色はおでんにも現れ、沖縄おでんには、「ティビチ」という豚足が入ります。

沖縄県民以外は「えっ!?」と思う人も多いかもしれませんが、コンビニで販売されるおでんにも入っているほど、メジャーな種なんです。

北海道では山菜

北海道のおでん種には山菜が入ります。
「ふき」や「わらび」などの山菜は、おでんにしたら美味しそうですね。

他にもホタテなどの貝類もおでん種に使用されます。

関西ではクジラの皮

関西では、「コロ」と呼ばれるクジラの皮が好まれています。
皮といっても脂肪層なので、食感はもちもちプルプルしているそうです。ホルモンのようなイメージでしょうか。

しかし、近年ではクジラの捕獲量も減ったため、高級おでん種として扱われています。
こちらもどんな味なのか気になりますね。

日本のクジラ食文化については、こちらの記事をご覧ください。
「鯨肉ってどんな味?日本では昔からクジラを食べてきました」

日本各地で異なるおでんの特色

全国各地では、その地域に根付いたおでんの特色が存在します。
今回は、その一部をご紹介しましょう。

名古屋では味噌おでん

名古屋では、味噌おでんが一般的。

八丁味噌を使用してグツグツ煮込み、その色は茶色く、一般的なおでんのイメージとはちょっと違います。
味は甘辛く、八丁味噌の香りを楽しめます。

名古屋料理は味噌を使うことが多いですが、まさかのおでんまでも!
ちなみに私は名古屋生まれですが、個人的には味噌おでんはあまり食べません。関東のおでんの方が好きです。

静岡はふりかけを

静岡おでんの最大の特徴と言えば、「だし粉」というイワシの削り節や、青のりをふりかけて食べることです。

子供が通う駄菓子屋でおでんが売られているため、静岡の子供たちはお腹が減ったら駄菓子屋でおでんを食べるんだとか。おでんの英才教育ですね。

ちなみにですが、静岡おでんの読み方は、「しずおかおでん」ではありません。「しぞーかおでん」が正しいそうです。

富山県はとろろ昆布

富山県で食べることの出来るおでん、「富山おでん」はとろろ昆布を乗せて頂きます。
とろろ昆布とは、昆布を糸状に削った、とろみのある昆布のことです。

おでんにとろろ昆布をのせて、練りからしと一緒に食べるのが、なかなかいけるんだとか。
冬の富山に行ったら是非ご賞味あれ。

香川県ではうどんとセットで

香川県のおでんは、味噌だれをつけて食べることが特徴なのですが、それだけではありません。
さすがはうどん王国の香川県です。

香川県のうどん屋には、必ずと言ってよいほど、おでんが販売されているそうです。
それも季節関係なく、夏でも頂けます。

何故うどんとおでんが一緒に…?と思ってしまいます。

まとめ

日本人とっては家庭の味でもある、おでんはいかがでしたか。
地域ごとに特色があって面白いですね。

早速おでんが食べたくなってきました。
お薦めのおでん種があれば教えてください。

それでは、また!

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

職人オーダー

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss