皆さんこんにちは。
知り合いの成人祝いに、個人的には非常に高級だと感じるディナーをご馳走する予定なのですが、お祝いする側である自分の方が、楽しみで仕方がない荒川です。

本日は、日本の三大歓楽街について。
歓楽街とは、飲食店やレジャー施設が密集している街を指している一方、いわゆる大人が集う夜の街という意味も含まれています。

本日はそんな歓楽街の中でも、三大歓楽街と呼ばれる、日本を代表する夜の街をご紹介します。
子供は危険なので、絶対に立ち入らないように…。

 

新宿歌舞伎町

photo by Dick Thomas Johnson@flickr

「金」「酒」「欲望」が渦巻く、夜の町。
東京都新宿歌舞伎町、そこは日本一の歓楽街として知られており、東京在住でなくともその名前は日本人の誰もが知っている。

 

人口

2013年時点のデータによれば、歌舞伎町の人口は約2,000人。
飲食店を経営している方もいれば、キャバクラ、ホストといった夜のお仕事をされている方まで住人もさまざま。

 

日本一危ない街?

歌舞伎町=日本一危ない街といわれています。
といっても日本なので、街を歩く程度でしたら大きな問題はないかと思います。
また、昨今は平和な街になったとも言われています。

しかし、それでも歌舞伎町は夜のお店が多い場所ですし、外国人絡みの犯罪が紙面を騒がせることもしばしば。未成年や若い女性が1人で立ち寄るのは、控えた方がよさそうです。

特に裏路地は立ち寄らないようにしましょう。

 

ホストクラブとキャバクラ

お金とお酒が行き交う世界。歌舞伎町といえばホストクラブとキャバクラ。
凄腕ホストともなれば、月に1,000万円以上は稼ぐのだとか。
まさに歓楽街の王様と女王様というイメージですね。

そうした華やかな歌舞伎町のホストやキャバクラを題材にしたドラマや漫画も多いです。

ふと疑問に思いましたが、外国人の目線から見ると、こうした業種というのはどう映るのでしょうね。

 

博多中洲

photo by Leo D’lion@flickr

九州一の歓楽街の中洲(なかす)。
九州男児と博多美人が闊歩する、活気溢れる繁華街。

 

お店の数がとっても多い

中州の飲食店の店舗数は約2,000といわれています。
クラブやスナックはもちろん、飲み屋も非常に多く、中洲がいかににぎわっているかが分かります。
九州の人はお酒が強いといいますが、皆さん中州で鍛えられているのでしょうか。

 

名物は屋台!

中州の代名詞ともいえる屋台。
中州には数多くの屋台が軒を連ねており、美味しい料理やお酒を楽しむことができます。
地元の人はもちろん、観光客も非常に多く、博多ラーメンやおでんなどの定番屋台メシから、焼きラーメンなんて変わった料理まで!

また屋台の中にはメイド屋台なんてものも…。
僕も一度は訪れてみたいですね。

 

夜のお店も…

中州も歌舞伎町同様に、ホスト、キャバクラなどの夜のお店が非常に多いです。
その土地柄、九州男児、博多美人が集まるといわれており、とっても美男美女が多いという噂。

実際はどうなんでしょう?
僕の九州の知り合い(男)は、とにかくお酒が強くてイケメンでしたね。
噂は本当なのかも!?

 

札幌ススキノ

photo by MIKI Yoshihito@flickr

北海道札幌のススキノ。
飲食店からレジャー施設、夜のお店まで集まる、日本の最北端の歓楽街。

 

夜の店が安い?

なんといっても、ススキノの夜の店は安いといわれています。
「安い」「綺麗」「若い」が代名詞になっているそうで、お客さんを虜にしているそうな。
また北海道という寒い土地だからこそ、こうしたお店に安らぎを求めに行くのでしょうか。

ただし、客引き(キャッチ)にホイホイついていくと、ぼったくりにあうようなので、注意が必要なんだとか。
日本という国にも、ぼったくりするようなお店ってあるんですね。

 

歌舞伎町、中洲に比べると安全?

歌舞伎町や中洲には、危険なイメージを持つ方が多いかと思いますが、ススキノは前者に比べると安全だと言われています。

前述したように、ぼったくりをする店も一部あるようですが、若い女性客が夜遅くまで飲んでいても、比較的安心なのだとか。だからといって、酩酊するまで飲むのはやめましょうね。

 

名物多数

北海道の土地ならではの料理が、お手頃な価格で味わうことができるのも、ススキノならではといえます。ジンギスカンや札幌ラーメン、寿司など。
スープカレーも有名ですね。

行きたい…。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

歓楽街としても有名ですが、お酒を楽しむ分にはどこも楽しそうな雰囲気が溢れています。
僕はお酒が飲めないので、あまり縁がないと思いますが、美味しいものを食べに行くだけでも、非常に楽しめそうです!

皆さんも、機会があれば是非訪れてみましょう。
ではまた明日。

 

最後の最後に

当ブログページを最後までお読みいただきありがとうございました。

もし職人による質の高いオーダーメイド品を作りたいという方がいれば、職人オーダーもご覧いただけますと嬉しく思います。

This is a demo store for testing purposes — no orders shall be fulfilled. Dismiss